2015年05月22日

小さな灯りを照らし続ける

 一灯照隅、万灯照国(いっとうしょうぐう ばんとうしょうこく)

比叡山延暦寺を開いた最澄の言葉です。

ひとつの灯火は小さな一隅しか照らせないけれど、それに共鳴した人たちが現れ、
一万の灯になれば国全体を明るく照らす事が出来ると言う意味だそうです。

明日香を訪れる方々に対して、私たちができること、
それは小さな一灯を掲げることでしかないかもしれません。

でも、万灯を掲げる事ができないからと言って、あきらめるのではなく
全ての方々に対して、心からの一灯を掲げ続けること、
小さな自分だけれど、周囲の方々に、良き影響を与えるべき努力を続けたいと思います。

来週、また20名の職業訓練生を迎えます。
初めて、訓練の受託を実現できた日の、緊張感、ガンバル気持を、今一度
振り返り、初心を忘れる事なく、平成27年度職業訓練のスタートです!!!!!




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。